東松島市立矢本第二中学校

東松島市立矢本第二中学校からの連絡用ブログです。

校長のつぶやき 31

令和2年度 石巻地区中学校新人大会
壮行式 激励の言葉

 いよいよ新人大会が開催されます。3年生から次のバトンを託された1,2年生の皆さん,新体制になって約1ヶ月経ちましたが,どうでしょうか。

3年生がいた時は当たり前にできていたことが,できないもどかしさを感じ,苦労も多いのではないでしょうか。先輩が頑張って積み重ねてきたことが今になって分かる。そういうことがたくさんあることでしょう。

あいさつや返事ひとつとっても,迫力が違う。チームワーク,練習に対する真剣さ,準備や後片付けに対する姿勢,掛け合う思いやりの言葉…等々,先輩が残してくれた良き伝統や思いを引き継いで,さらに1,2年生の皆さんらしい魅力を加えて,頑張ってほしいと願っています。

 さて,新体制になって短い期間でしたが,1,2年生の皆さん,今日までよく頑張りました。
明後日からはじまる新人大会は,ぜひ,「挑戦者」として,思い切り向かってほしいと思います。
戦う相手は,まず自分。堂々と戦ってきてください。
 これまでやってきた練習や努力してきた成果を思う存分発揮してください。
 そして,中身や戦い方にこだわってください。

「あいさつから戦いは始まっている。」

 プレーはもちろんですが,スポーツマンらしい清々しい挨拶や気持ちの良い態度や動きも大切にしてほしいと思います。

 そして,何よりも,コロナ禍であってもこうやって思い切りプレーできることは
幸せなことです。無観客試合ではありますが,応援してくれている人たちに届くような,ルーキーらしい元気なプレーを見せてください。
 これまでのすべてに感謝して,全ての力を注いでほしいと思います。

 3年生は当日は実力テストですが,心の中で応援してほしいと思います。

 1,2年生の皆さんの健闘を祈ります。

 「一に命 二に生き方」

校長のつぶやき 30

感動の体育祭 
 8月29日(土)の体育祭は,お疲れ様でした。
 感動いっぱいの一日になりました何よりもみんなのパワーに圧倒されました!特に応援合戦では,感動のあまり,始まりの白組から,青組,赤組,トリの黄組まで,ずっと涙があふれて,とまりませんでした。全力の姿というものは,人の心をこんなにも動かすんだなあ…と実感しました。皆さん一人一人の本気,力,魅力,成長を見せてもらいました。

 コロナ渦での窮屈な学校生活に文句も言わず,何事も一生懸命取り組むみんなを誇りに思います。体育祭で1,2年生が3年生の皆さんを見る目が尊敬とあこがれのまなざしでした。それも嬉しかった。

 「特別な体育祭」として,家族の皆さんに入場する時に健康観察等,今までにない「特別なルール」を設けさせていただきましたが,ご家族の皆さんも快く受け止めてくださり,本当にありがたかったです。

 このコロナで体育祭を中止にした学校もありました。しかし,安全を確保した上で体育祭を実施し,
安全対策をとることで観覧も実現できると信じて,決行しました。皆さんを見て,

「体育祭をやって本当に良かった」

・・・と心から思いました。

 感動をありがとう!

校長のつぶやき 29

 8月24日(月)から 伊藤 収(いとう おさむ)先生がしいのみ学級1組の担任になります。

収先生は,3月まで本校でお世話になった保健体育の先生です。とてもあたたかく優しい先生です。

 皆さん,これからどうぞよろしくお願いします!

 

 写真は,初めての朝の会の様子です。


2
1

校長のつぶやき 28

 8月20日(木)
 令和2年度第2学期始業式 校長式辞

全校生徒の皆さん,おはようございます。今年は,コロナの影響で制限された「特別な夏休み」となりましたが,どのように過ごしたでしょうか。全国では,今もコロナの感染者が出ており,今日,学校に行くことができない中高生もいるほどです。こうして学校に通えることは当たり前のことではないと改めて思わされます。
 今日は,皆さんの元気な姿を見るとともに,久しぶりに皆さんの声が校舎に響くのを耳にして,「休み中,無事で本当に良かった。」と心の底から思いました。今日から始まる2学期を嬉しく思います。
 さて,皆さん,突然ですが質問です。「学校は何のためにあるのでしょう。」「勉強するため?」「友だちをつくるため?」「部活をするため?」全部正解です。でも,もっとあります。そして,もっと大きいものがあります。「あなたが人生を幸せに生きていく,そしてたくましく生き抜くために,
その力をつける場,育つ場として学校はあります。」校長先生としては,まず,あいさつや笑顔は大事にしたいなと思っています。そして,国語や数学といった一つ一つの教科を身に付けることも大事。 
運動で,体力や運動能力を高めることも大事。でも,簡単にできる場合と時間がかかる場合があります。ついつい点数にばかりが目立ちますが,時間がかかる場合は,忍耐力が必要になります。これは点数には表れませんが,あなたが人として育つためにとっても大事なことです。友だちを作ること,仲良くすること,クラスみんなで協力することも大事。でも,うまくいく場合といかない場合があります。
うまくいかない場合は,考えたり,工夫したり,悩んだり,努力しますね。これがとても大事。学校は何でも学びになります。今,実践しているコロナ対策やそんなでも前向きに生きることは,間違いなく,この先の人生を生き抜く力になると確信しています。学校は社会に出て行くための練習をたくさんするところです。失敗しても恥ずかしくありません。失敗の中にも大きな発見があり,今できなくても,毎日頑張る中で身に付く大きな力があります。今できなくても明日できる可能性があなたにはあります。内から湧き上がってくる気持ちを大事にしてあなたのやる気に自分で火をつけてください。

 皆さんが安心して思い切り力を発揮したり,新たな力を伸ばしたりしていくために先生たちも全力投球します。目の前にいる先生に何でも相談してください。1学期の終業式でも話しましたが人と比べず,昨日の自分を超えられるよう,まずは今日,あなたのベストを尽くしてください。自分を信じて,本来のあなたの力を思う存分発揮してください。皆さん一人一人の幸せと成長を願い,式辞といたします。
         令和2年8月20日 東松島市立矢本第二中学校 校長 松﨑和佳子

校長のつぶやき 27

 8月7日(金)
 令和2年度第1学期終業式 校長式辞

 1年生は58日,2・3年生は59日の1学期が今日で終わります。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,学校が一時臨時休業になり,皆さんには不安な思いをさせてしまいました。しかし,こうして学校が再開され,皆さんの元気な声が戻ってきたことを心から嬉しく思います。

 学校生活は,通常どおりにいかないことが多く,感染防止対策のためにいろいろな制限がありました。しかし,そのような中でも,皆さんは,毎日本当によく頑張りました。皆さんがソーシャルディスタンスはじめ,新しい生活様式を心掛け,健康に気を付けて生活したおかげで,学校生活も続けることができました。皆さん全員の行動に感謝します。ありがとう。そして,先生方,職員の皆さん,消毒作業を始め,常に細かな心配りをありがとうございました。改めて,学校は一人一人で成り立っている「チーム」なんだと強く感じました。今,実践している新型コロナウイルス感染症拡大防止対策や制限された生活でも前向きに生きることは,間違いなく,この先,皆さんが自分の人生を生き抜く力になると強く感じます。同じ時代に生きる仲間として,ともに頑張りましょう。

 さて,皆さん,この1学期はどうでしたか。きっと,1学年上がったことで,勉強の内容も難しくなり,部活動や委員会活動等の責任も大きくなったことでしょう。プレッシャーや不安な思いもあるかもしれませんが,今の努力を続けてほしいと思います。人と比べず,昨日の自分を超えられるよう,まずは今日,最善を尽くしてください。自分という人間,そして,自分の成長を信じてください。「信は力なり」信じることは自分の最大の力になりますよ。

 そして,交流大会お疲れ様でした。皆さんの姿を見て,本気で何かに打ち込むことは,何にも代えがたい尊いことだと感じました。皆さんの心にずっと残る大会になったのではないでしょうか。一緒に頑張る仲間がいたこと,応援してくれる家族がいたこと,そのすべてに感謝ですね。1,2年生の皆さん,ぜひ,3年生が残してくれた伝統を受け継いでほしいと願っています。

 最後に,夏休みも「一に命」「二に生き方」です。自分の命,気持ち,体,そして,生きる姿勢を大切にしてください。今年の夏休みは,コロナの影響で制限された特別な夏休みになりますが,
心は前向きに行きましょう。8月20日,皆さんの元気な姿に会えることを心から祈っています。
 皆さん一人一人の幸せと成長を願い,式辞といたします。
               令和2年8月7日 東松島市立矢本第二中学校 校長 松﨑和佳子
ギャラリー
  • 校長のつぶやき 46
  • 校長のつぶやき 45
  • 校長のつぶやき 45
  • 校長のつぶやき 45
  • 校長のつぶやき 42
  • 校長のつぶやき 42
  • 校長のつぶやき 42
  • 校長のつぶやき 29
  • 校長のつぶやき 29