東松島市立矢本第二中学校

東松島市立矢本第二中学校からの連絡用ブログです。

2021年06月

校長のつぶやき 55

いよいよ今週末に中総体が開催されます!
 ~ これまでの努力はこの時のため・・・
         練習の成果を今,発揮するのだ! ~
1
 【 生徒代表による選手宣誓 】

2
 【 野球部ラッキーボーイ勝利の舞 】


 いよいよ石巻地区中総体が今週末に開催されます。昨年度は,新型コロナ拡大防止のため,交流大会という形で行われましたが,今年度は,県大会につながる中総体が(無観客ではありますが)開催されることとなりました。

 3年生にとっては,中学校最後の大きな晴れ舞台となります。この3年間の鍛錬と思いを今こそ発揮してほしいと思います。1,2年生も挑戦者として,また支える大事な存在として,全力を尽くしてほしい。

 生徒の皆さん!どうか正々堂々,全力で挑んでください。自分を信じて,仲間を信じて,先生を信じて,頑張ってこーい!


「 信は力なり 」
                                              
                        ・・・皆さんの健闘を心から祈っています!

3
 【 バスケ部による決意表明 】

4
 【 バレー部の円陣 】

5
 【 吹奏楽による演奏 】

  「一に命 二に生き方」

校長のつぶやき 54

日本の学校給食は,世界に誇る食習慣です!
                                              
~ あなたの身体は,あなたが食べる物でつくられ,生きている ~
1
 【 給食センターの栄養士の先生からの放送によるお話 】
                                              
 学校給食の歴史をひもとくと・・・
 はじまりは1889年(明治22年)山形県の私立忠愛小学校と言われています。当時は,みんな貧しくて,学校にお弁当を持って行くことができませんでした。そこで,この学校を建てたお寺の住職が,おにぎりや焼き魚,漬け物などを準備して,お昼に子どもたちに食べさせたそうです。その後,第二次世界大戦を経て,1950年(昭和25年),アメリカからの小麦粉を使い,8大都市の小学生児童対象の完全給食が行われました。・・・そして今に至ります。

 学校給食には,7つの教育目的がありますので紹介します。
 1 バランスの良い栄養を摂って健康を保つこと
 2 望ましい食生活ができる判断力を培い,食習慣を養うこと
 3 学校生活を豊かにし,明るい社交性や協同の精神を養うこと
 4 食は自然の恩恵の上に成り立つことを理解し,
   生命や自然を尊重する心や環境を守る態度を養うこと
 5 食生活が食に関わる人々の様々な活動に支えられていることを理解し,
   働くことの大事さを知ること
 6 我が国や各地域の優れた伝統的な食文化を知ること
 7 食料の生産,流通,消費について,正しく知ること

 ・・・ちなみに,6月8日(火)の給食は!
 ポークシュウマイ,東松島産小松菜の中華和え,マーボー豆腐,ご飯,牛乳でした。東松島産の小松菜の中華和えはもちろん,全部おいしくいただきました!ごちそうさまでした! 校長先生も完食しました!!
2
 【 6/8の給食 】
                                              
 また,給食委員会の委員長から給食について放送でお話がありました。そして,専門委員会から各学年の残食率が少ない学級の表彰がありました。結果は,1年4組,2年4組,3年2組でした。
 人と食べ物は好き嫌いしないで,何でも好きになった方が人生楽しいですよ。
3
 【 給食委員会の委員長さんから 】

4
 【おめでとう!賞状を授与します!】

 「一に命 二に生き方」

校長のつぶやき 53

東松島市総合災訓練にて・・・
                                              
                    ~ いざ!という時,動ける自分に ~
                                              
1
2
【 講堂にパーティションを設営し,避難所運営のイメージを共有しました 】
                                              
                                              
 6月6日は,東松島市総合防災訓練がありました。
 今回は,市役所の職員の皆さんと本校職員とで,講堂にパーティションを設営することを訓練しました。本校は,一時避難所になっていることから,この訓練はとても重要でした。物事は,やってみないと分からないものです。やってみて初めて分かることや気が付くことがありました。

 東日本大震災時には,中学生の存在が大きかった地域もたくさんあったことから,ぜひ,生徒の皆さんにも経験してほしい訓練だと思いました。
 今日も午前10時19分ごろ,震源地は福島県沖,最大震度3の地震がありましたが,とっさに判断し,サッと机の下に避難したり,校庭などでは身を低くしたりする皆さんの姿があり,“さすが”と思いました。職員室にいた先生たちもすぐに情報を収集したり,ブザーが鳴る北校舎へ走ったり,正しい情報を放送で知らせたり,ナイス連係プレーで頼もしかったです。
 いざ!という時に迷わず動ける私たちでありたいものです。
 合い言葉は,常に「一に命」です!

 「一に命 二に生き方」
ギャラリー
  • 校長のつぶやき 55
  • 校長のつぶやき 55
  • 校長のつぶやき 55
  • 校長のつぶやき 55
  • 校長のつぶやき 55
  • 校長のつぶやき 54
  • 校長のつぶやき 54
  • 校長のつぶやき 54
  • 校長のつぶやき 54