8月20日(木)
 令和2年度第2学期始業式 校長式辞

全校生徒の皆さん,おはようございます。今年は,コロナの影響で制限された「特別な夏休み」となりましたが,どのように過ごしたでしょうか。全国では,今もコロナの感染者が出ており,今日,学校に行くことができない中高生もいるほどです。こうして学校に通えることは当たり前のことではないと改めて思わされます。
 今日は,皆さんの元気な姿を見るとともに,久しぶりに皆さんの声が校舎に響くのを耳にして,「休み中,無事で本当に良かった。」と心の底から思いました。今日から始まる2学期を嬉しく思います。
 さて,皆さん,突然ですが質問です。「学校は何のためにあるのでしょう。」「勉強するため?」「友だちをつくるため?」「部活をするため?」全部正解です。でも,もっとあります。そして,もっと大きいものがあります。「あなたが人生を幸せに生きていく,そしてたくましく生き抜くために,
その力をつける場,育つ場として学校はあります。」校長先生としては,まず,あいさつや笑顔は大事にしたいなと思っています。そして,国語や数学といった一つ一つの教科を身に付けることも大事。 
運動で,体力や運動能力を高めることも大事。でも,簡単にできる場合と時間がかかる場合があります。ついつい点数にばかりが目立ちますが,時間がかかる場合は,忍耐力が必要になります。これは点数には表れませんが,あなたが人として育つためにとっても大事なことです。友だちを作ること,仲良くすること,クラスみんなで協力することも大事。でも,うまくいく場合といかない場合があります。
うまくいかない場合は,考えたり,工夫したり,悩んだり,努力しますね。これがとても大事。学校は何でも学びになります。今,実践しているコロナ対策やそんなでも前向きに生きることは,間違いなく,この先の人生を生き抜く力になると確信しています。学校は社会に出て行くための練習をたくさんするところです。失敗しても恥ずかしくありません。失敗の中にも大きな発見があり,今できなくても,毎日頑張る中で身に付く大きな力があります。今できなくても明日できる可能性があなたにはあります。内から湧き上がってくる気持ちを大事にしてあなたのやる気に自分で火をつけてください。

 皆さんが安心して思い切り力を発揮したり,新たな力を伸ばしたりしていくために先生たちも全力投球します。目の前にいる先生に何でも相談してください。1学期の終業式でも話しましたが人と比べず,昨日の自分を超えられるよう,まずは今日,あなたのベストを尽くしてください。自分を信じて,本来のあなたの力を思う存分発揮してください。皆さん一人一人の幸せと成長を願い,式辞といたします。
         令和2年8月20日 東松島市立矢本第二中学校 校長 松﨑和佳子