令和2年度第3学期始業式
                                            式辞
 全校生徒の皆さん,2021年が始まりました。
 そして,今日から3学期が始まります。
 3年生にとっては,勝負の年。
 2年生にとっては,最高学年になる年。
 1年生にとっては先輩になる年。
 そして,世界にとっては,昨年できなかったオリンピックリベンジの年になります。
 今年の冬休みは,『宮城県新型コロナ危機宣言』が出され,制限された年末年始になりましたが,皆さんは静かに過ごすことができたでしょうか。まずは,コロナ感染や事故,事件がなく皆さんが過ごせた事を何より嬉しく思います。

 さて,「一年の計は元旦にあり」「一日の計は朝にあり」という言葉があります。
 何事も最初が肝心です。という意味です。
 皆さんも,今,このタイミングで,この一年の自分のやりたいことを考えてみてください。そして,心にしっかりと掲げてみてください。

 校長先生も考えてみました。校長先生は,「守る」と言う言葉が浮かびました。
 改めて,皆さんの命を守りたい,そして,皆さんが学ぶこの学校を守りたい。そう思いました,皆さん一人一人,一人残らず安心して過ごせる学校であるために,校長先生も頑張りたいと思っています。
でも,どうやったら守れるのか,いつも悩みます。特に,今年は,コロナが大変で,自分には何ができるんだろうと考えてきました。
 せめて,皆さんが「自分がいる場所はここだ」と思ってほしい。今回,全校の皆さんに年賀状を出したのは,そんなメッセージを伝えたい。という思いからでした。担任の先生や学年の先生はもちろん,
校長先生も,いつも「あなた」を応援しています。安心して自分の力を発揮してください。勇気を出して自分を出していいんですよ。
 同時に,全校の皆さんとしての皆さんが,そんな一人の勇気を受けとめる,あたたかい皆さんであってほしいと願っています。お互い様の思いです。

 そして,「一生の計は少壮(しょうそう)の時にあり」とも言います。
 一生の若くて意気盛んな,皆さんの,「今」の時期に,一生でやりたいことを思い描くことはとても重要なことです。自分を信じて,自分の未来を信じて,ぜひ,思い描いてみてください。

 1月は行く,2月は逃げる。3月は去る。と言います。
 どうか皆さん,この短い3学期に思いを託し,思いをその手で実現してほしいと思います。皆さん一人一人の幸せと成長を願い,式辞といたします。

         令和3年1月8日 東松島市立矢本第二中学校 校長 松﨑和佳子

 「一に命 二に生き方」